しみやそばかすにクリームでのケア

しみそばかすとクリーム

しみ,そばかす,クリーム

 

シミやそばかすのケアは、飲み薬でのお肌の内側からのケアだけでなく、美白化粧品などを使ったお肌の外側からのケアも併用するとさらに効果的です。

 

美白スキンケア製品も沢山ありますが、どれが良いのか、というと まずは美白成分が配合されたクリームがおすすめです。

 

クリームでしたら、美白成分がお肌に密着しやすくなりますし、薄くお肌全体にのばして使うだけでなく、シミが特に気になる箇所に盛ってつけることもできます。

 

では 美白クリームなら何でもいいか、というとそうではありません。

 

しみやそばかすに効果が実感しやすい美白クリームは どのように選ぶべきでしょうか?

 

まず、配合されている美白成分をしっかりチェックしましょう。

 

有効成分として国から認められている美白成分としては ハイドロキノンやビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸などがあります。
それぞれの美白成分には特徴があります。

 

例えばハイドロキノンは メラニン色素の無色化に強く作用するため皮膚科のシミ治療でも処方されるほど効果が期待できる成分ですが、その一方で刺激になりやすい成分でもあります。

 

アルブチンはメラニン色素ができるのを抑制する働きと、ハイドロキノンに比べると マイルドなシミのケア効果で安全性が高い成分として知られています。

 

また、ビタミンC誘導体は ビタミンCがお肌に浸透しやすくなったもので、シミだけでなく美肌全般に効果が期待できる王道的な成分で、安全性も高いとされています。

 

美白成分は どれが合うのかはその人その人のお肌によって違ってきます。

 

ですので、まずは少量のトライアルなどから試してチェックするようにしましょう。

 

お肌が刺激になりやすい、という方は より安全性が高いとされる美白成分が配合されているクリームから試してみるようにしてみましょう。

 

また、ハイドロキノンなどの刺激になりやすい成分も、お肌にできるだけ刺激にならないように工夫して配合されている美白クリームも市販されています。

 

興味がある、ちょっと使ってみたいという方は このようなものを試してみることをおすすめします。

 

 

皮膚科処方のクリームについて

 

しみ,そばかす,クリーム

 

シミやそばかすケア用のクリームは、皮膚科で処方してもらうこともできます。

 

皮膚科処方でしたら ハイドロキノンが市販のクリームよりも高濃度配合されたクリームを入手することもできます。

 

この軟膏クリームですが、お値段は病院によってさまざま。

 

ですが、処方となると 診察代や処方箋代もかかります。

 

シミやそばかすの治療は 原則として自費治療となりますので保険が効きません。

 

ですから クリームをちょっと処方してもらう、というだけでかなりの金額になってしまうこともあります。

 

どうしても専門医に診察してほしい、病院処方のクリームを使いたい、というのでなければまずは市販の美白クリームから使ってみることをおすすめします。